寝ることは生活の中でも最も大事、お布団の選び方について

選び方について

適度な硬さのものを

赤ちゃんが快適に過ごすために必要なベビー布団ですが、どのようなものをえらべば良いかみていきましょう。
赤ちゃんはとても骨や関節が未発達で、普段足がカエルの様にM字型に開いている事が多いです。
そのためにあまりにも敷布団が柔らかい場合ですと、赤ちゃんが沈んでしまい、股関節脱臼や背骨の歪み、そして他の関節も歪んでしまうなど、正常な発達を妨げてしまう可能性も高くなってしまいます。
勿論あまりにも硬すぎるお布団は私達にとっても過ごしにくいので、赤ちゃんが沈み過ぎない、適度な柔らかさのものを選ぶようにしましょう。
赤ちゃんがうつ伏せになってしまった時、赤ちゃんの鼻はぺちゃんこなので、うつ伏せになった時に顔が沈み上手く呼吸が出来なくなってしまうことがあります。
柔らか過ぎると上手く寝返りを打つことが出来なくなってしまうので、ストレスの原因となることがあるようです。

体温調整しやすく

赤ちゃんはとても汗っかきです。したがってベビー布団は湿気がこもらなく、通気性が良いものを選ぶようにしますしょう。
私達は普段寝ている間コップ1杯分の汗をかくといわれています。
しかし赤ちゃんはその3倍もの汗をかくといわれているのです。
赤ちゃんは上手く体温調節を行うことができません。そのためにベビー布団は体温調節を上手く行うためにもとても重要になってくるのです。
しっかりと赤ちゃんの汗を吸収し、湿気と熱気を閉じ込めてしまわないようなベビー布団を選ぶようにしますしょう。

Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013